修復について知り、間違えて消してしまったファイルや壊れてしまったハードディスクの内容を修復させましょう。

2009年08月13日

ハードディスクの修復

突然、ハードディスクが壊れてしまい、
コンピューターが動かなくなってしまったという経験を持つ人は少なくありません。



ハードディスクとは、記憶装置のことで
主にパソコンなどのコンピューターとよばれるものには
必ず使用されているものです。



ハードディスクが突然壊れてしまうと、
それまでのデータを取り出すことができなくなり、
仕事で使用していたコンピューターであった場合、
仕事に支障が出てしまいます。



ですが、ハードディスクが壊れてしまった場合、
修復することは可能なのです。



ハードディスクを修復する方法として、
修復ソフトを利用するかハードディスクの修復を行っている業者
依頼するかの二つです。



自分で修復できる場合もありますが、
もし修復に失敗して二度と修復できない状態になってしまうと大変です。



ハードディスクを修復させるソフトとして、
HDD Regeneratorやファイナルデータなどがあります。



HDD Regeneratorはトライアル版はフリーで手に入れることができ、
主に物理的に損傷してしまったディスクの修復が対象です。



また、修復の確率は約60%です。



HDD Regeneratorを使用する際の注意点として、
ハードディスクをしばらく休ませてから修復作業を行うようにしましょう。



さらに、もうひとつのデータ修復ソフトのファイナルデータは
データ復元ソフトの復元するファイルなどによって価格は異なりますが、
約6,000円から2万円です。



高い確率でハードディスクの修復が可能ですので、
復元したい内容で購入するソフトを選ぶといいでしょう。
posted by 修復 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードディスク 修復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。